2005年10月21日

とあるファーストフード〜其の一〜

このカテゴリを更新するのもやたら久しぶりな感じがします。

今回はとあるファーストフード編です。

とあるファーストフードとか言ってますが

ぶっちゃけマクドナルドです。

今回はそのマクドナルドでのバイト生活について書いていこう。


前回の記事を読んでもらえれば分かると思いますが

とあるホームセンターを辞めた二週間後には

マクドナルドでバイトを開始してます。

ホームセンターを辞めた後それでもやっぱり

バイトを続けたかったので近くで出来そうなところを探します。

探すと言ったってそりゃあ田舎ですから高校生を

雇っているところなんてほとんどありません。

結果家から通えるところで高校生を雇ってそうなところ

と言えばマクドナルドしかなく、

「人を雇ってるか雇ってないか」すらも全くわからないまま

”直談判”しに行きました。

この時のボクのスタイルは

”とりあえず行ってみる”

だったのでアポなんて取らずに話しをしに行きました。

ちなみにコカコーラもとあるホームセンターもそうでした。

実際行って話をしてみると取り敢えず面接はしてくれる

というような事を言ってくれて、後日面接となった。


その面接日までに同じ高校でそのマックで働いてる友達に

推してくれるよう裏工作をしてました。

結果その裏工作が実ったのか見事マックで働けるようになりました。


皆さんはマクドナルドについてどれくらい知ってますか??

当たり前ですがその頃のボクは何も分からなかったですね。

”ミミズ”は入ってないんだろうか・・・・

そんなレベルでした。


で、ちょっとここでマクドナルドの裏説明でもしますか。

まず”人”はどのように構成されているのか??

大きく分ければ社員とバイト。

それは他のバイトと一緒です。

そこから区分けされるのがマック流。

まずは社員ですが

ファーストとセカンドに分かれます。

ようは正社員か契約社員かってことです。

ちなみに客の前にはそうそう姿を現しません。

いや、店によってはがんがんでてくる人もいるのかな。

兎に角”スーツ”を着た人がいたらこの人

社員なんだなって思っていいです。

普通の店には社員が若干名しかいません。

その社員の下には多くのバイトがいます。


バイトには歴然とした階級があり

一つでも上に上がれるようにバイト達は毎日汗かいて働きます。

一番上はA−SW(スイング)と呼ばれる人で

限りなく社員に近いバイトで社員代理的存在の人です。

バイトのくせにこの位の人だけボーナスがもらえたりします。

といってもそれだけの人ですから店によっては

置いてない場合もあるのかなと思います。

そのA−SWの一つ下がSWです。

Aよりかは力が劣りますが基本的に

店の核となる人達で店舗運営の基盤となる人達です。

言うならば”バイト管理職”とでも言いましょうか。

現場の実権もこの人達が持っているといって良いでしょう。

このSW達は着てる服も他のバイトと違います。

なんかビシッ!!としてて立派そうなの着てて

帽子もキャップじゃないのを被っている人見たことありませんか??

あの人がこのSW族です。

一見社員??と勘違いする人も多いかと思いますが

あれもアルバイトです。社員はさっきも言ったように

スーツですし、そうそう現場にいることも少ないです。


そのSW族の下にいるのがスターとトレーナーです。

スターとトレーナーは全然違う働きをしますが

”格”という点では一緒だと思います。

スターは基本的にカウンター系が全てできて

かつ”お客様係”のエキスパートの人です。

この人もユニホームが違うので目立ちますね。

なんていうのあれ??ワンピースというかなんというか。

ピンクピンクしててリボンをキュっと締めてるやつ。

てか、最近はユニホーム増えた(?)から詳しくはわからないけど

他のユニホームとは全然違います。

カウンター職なので基本は女の子が多いですが

まれに男のスターもいたりします。

トレーナーは新人の教育係ですね。

実務作業を教えられるレベルで習得した人がなれます。

ユニホームは基本的に他のバイトと一緒です。


スターとトレーナーの下には

”クルー”というのがいて

出来具合によりA・B・C

で判断されます。

Aが一番良くてCがまだまだみたいなね。

普通このクルーが店の従業員の大半を占めます。

その下に更に新人ということでトレーニーというのがいます。


とまあ、ここまで書いてきましたが色んな役職があって

その階級はかなり絶対的なものがあり

それを利用してマックはバイトのモチベーションを

維持してるというわけですね。

SWとかになった人はやたら自信過剰になって

俺は凄いんだ!!とか思い込む人もしばしばで

現実世界では結果ただのバイトなのに変なエゴが

でたりします。マクドナルドはそういった

いわゆる”マック馬鹿”で成り立っていると言っていいでしょう。

ちなみにボクは二年間在住してAクルーどまりでした。



なんだか役職説明だけでかなりの分量になってしまいましたね。

ちょっとこのまま書いていくと大変なことになりそうなので

一度ここで切っておきます。

続きは後日。




ランキング!!

ビックマックは220円だけど

俺の笑顔は破格の0円

そしてクリックはプライスレス・・・・・・

そうれクリッククリック!!
posted by ヒズ at 17:01| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バイト列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

とあるホームセンター

さてこのカテゴリでは思い出バイトを振り返る

ということで今までやってきたバイトを紹介してきました。

っていってもまだ一つしか書いてないけどね。

今回の思い出バイトは高校1年9月頃から同1年2月までバイトしてた

ホームセンターのバイトを振り返ってみようかと思います。

そうそう、先に言っときますがうちの高校は

バイト禁止学校でした。

まあ、ばれなければそれでOKという感じでしたね。当時は。

はい。でね、このホームセンターまず面食らったのが

面接の時に筆記試験があったんですよ。

なーんもそんなの考えてなかったから

かなり慌てたけど一応それなりに回答し

何とか面接も通ることができました。

これで晴れて初の長期バイト参戦です。

でね、面接の時に何曜日来れますか??

と軽く言われたので、何曜日の何時から何時まで出れます!!

みたいにこっちも軽く答えたんですが

えぇ。びっくりですよ。

まさか、その時答えたスケジュールが

その後のバイトのスケジュール全てになるとは。

それならそうと最初に言って欲しかったなあ。

もうちょっと考えたのに。

スケジュールはともかくこのバイトは好きでしたね。

基本雑用です。

品だし・陳列はもちろんのこと

売り場に出すための家具作り

ハムスターの餌やりとかね。

あのハムスター何してっかなあ。

俺の指を血が出るまでかじりやがって。

倉庫の片付けとかもしたけどほんと倉庫も

広いんだよね。ホームセンターなだけに。

商品で一杯一杯だった気がするけど。

一番きつかったのは何だろう。

重たい家具を展示棚の最上段にあげる作業とかかな。

ヒズ君ならやれるよ!!とか散々言われながら

基本一人で作業をこなしていた気がする。

いやいや、兄さんも手伝ってくれよってね。

うん、まあそんなのばっかりしてたから

脚立の上で作業するスキルが無駄に上がったり、

ノコギリとかドリルとか使って作業することも

多く、そんな日曜大工スキルが無駄についたりした。

単純に力仕事が多いから力もついたね。

その筋肉を友人は

ホームセンター筋と名づけてくれたのは

なぜか鮮明に覚えている。

店長以外みんな良い人ばかりで、

人間関係的にはかなり楽だったなあ。

それと休憩室がすごーく広かったのも印象的。

テレビもあったし綺麗だしで快適でした。

さて、そんな仕事的にも

仕事環境的にも恵まれていたと思われる

このとあるホームセンターでのバイト。

なんでやめたのでしょうか??

給料が安い。

ほんとに安い。

だって時給650円だもの。

というのは嘘です。時給はホントだけどね。

時給なんて入る前から知っていたわけだし

それが辞める理由になんてなりもしない。

じゃあ、なんで??




とある日の出来事。

ボクはいつも通り店に出て品だし陳列をしていました。

そしてとあるお客様の接客をしました。

ではその時の様子をどうぞ。





いやー奇遇ですねー。

こんなところで出会うとは。

偶然とはおそろしいものですねぇ。

いやーほんとに恐ろしい。

・・・今日はどういったご用件でしょうか??

えっ??何??

えっ??これ・・・ですか??

これはあのいわゆるユニホームですね。

こちらは非売品でございますよ。

何をご冗談を。

えっ??冗談はほどほどにしろですって??

えっ??ここで何やってるんだってか??

何って言われましても、陳列とか品だしとかですよ^^

えっ??バイトしてるのか?ですって??

いえいえ、そんなバイトなんてしておりませんよ。

じゃあ何かって??

これは単なるボランティアですよ。

まさか先生バイトだと思われたんですか??





大半脚色していますが、こんな感じです。

ばれました。えぇ先生にですよ。

しかも生徒指導担当の先生に。

普通に店出て陳列してたらいきなり曲がり角から

ヒュっと出てきてガチンと目が合っちゃいました。

もう正に蛇に睨まれた蛙状態。

あれこれと話して、後日学校で話すという事になった。

その後日、学年主任に呼び出され

辞めろと勧告され、なくなく辞めることとなった。

うーん今でも覚えているね。

あの鬼店長にそんな理由で辞めますと言った

時の恐怖心は。

でもまあ、あっさり了承されホームセンターでの

バイトを終了することになった。






















それから二週間後・・・






















マックにてバイトを始める。


てことで、次回のバイト列伝はマック偏です。







ランキングです。こいつタフ野郎の大馬鹿野郎だと思ってくれたら迷わずワンクリック!!
posted by ヒズ at 22:25| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | バイト列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

コカコーラ

はい。という事で新カテゴリバイト列伝

第一回目の思い出バイトはコカコーラです。

これは高校1年生の夏、短期契約一ヶ月でやりました。

仕事内容は社員さんと一緒に車に乗って

自販機巡りの旅か

ジュースを保管している保管庫の整理のいずれかでした。

その仕事を一日中やり

契約期間中は土日以外休みなし

というものでした。

ボクは今でこそバイトマスターの域に達している感は

有りますけど、あの頃は若かった。

これがバイト初体験だったんですが

まず戸惑ったのはおはように始まる仕事用語。

えっ今夕方なんですけど??

みなさんも最初はそう思いましたよね??きっと。

そんなとこからバイト礼儀もよくわからず

働くという事が全くわからなかった。

いやー今考えるとほんと若いなあ。

でね、ボクは中学時代サッカーやってたし

その頃の自分には体力があって力もあると思ってた。

バイトの面接の時にも元気良く頑強です!!

とか言ってた記憶がある。

でもね、やっぱり所詮は中学上がりたての

まだまだ子供の力なわけですよ。

今振り返ってもそう思う。

大人に混じって働いた時の自分の力の

無さは中々にショックだった事を覚えてます。

ボクはほぼ自販機巡りの旅班でした。

まず出勤して

ラジオ体操やって、そんで軽く保管庫の整理やって

その間にその日の相方社員に呼ばれ

車に乗っかり自販機巡りと。

いやーほんとにきついんですよ。

今やったらどうかはわかんないんだけど

当時の俺の体力、力では中々にきついものがあった事を覚えている。

でもね、そのきつさを実感するまでボクはこの仕事をなめてた。

いや、何も知らない甘ちゃん野郎だったのだ。

それは初日だった。

初めての自販機巡り、初めてのバイト。

様々な不安や期待が入り混じった中での初仕事。

ボクの相方の社員さんは

最初の巡回先から丁寧に仕事を教えてくれて

それはそれはいい人でした。

二つ目の巡回先・・・

ボクは今考えるととんでもないことを言ってしまったのだ。



この仕事楽っすねー



それは社員さんの丁寧な教育、

そして一回目の巡回先を終えて

ある程度の仕事のやり方がわかった時の安堵感

から不意に口にしてしまった言葉であった。

ボクがこの発言をした次の瞬間、

社員さんは超激昂

お前仕事なめんなよ!!帰れ!!

と言い出し、まじで携帯で電話しだす。

俺は勿論瞬間冷凍。

何も言えなかった・・・

数分後頭を冷やした社員さんは

俺にさっきはごめんよと言ってくれたが

俺はまだまだ冷凍気味。

ようやく、解凍終了に近くなったのは

巡回が終わり、本部へ向かう帰路だった。

社員さんはホントに申しわけなく思ったのか

事件以後はホントに気をつかってくれた。

ホントにいい人だった。

その後、その人がボクを指名して巡回することはなかったが・・・

この日はホントに

ボクのバイト魂を形成する上で大切な一日であった。

この日があったからこそ

今のボクのバイトの心構えがあるわけで

7年も前だけど鮮明にその時の事を覚えている。

このバイトはホントにきつかった。

タメの人が5人働いてたが3人途中で辞めた。

先輩達はボクの中学の頃の番長的存在の人とか

腕っぷしが凄い人ばかりであった。

ボクも苦しかったが、何よりも意地があった。

性格上一度やると言ったものは

やりきらなきゃ気がすまないから。

でもね、やっぱり例の事件は社員にも広まっていたらしく

俺は嫌われてた。実際そんな事はなかったのかもしれないが

そんな気がした。

で、いっつもボクを指名して一緒に巡回してたのが

年配の重役社員。

多分かばってくれてたんだろうなあ。

そんな心配りを感じていたのか、それに応えようと

必死になって頑張った。

最後の週なんかは体が慣れてきた事もあり

かなり仕事をやったと思う。

そんな姿を買われたのか

最後の週にはそれまで相手してくれなかった

社員さんとも仕事をする事ができ

なんとかかんとか認めてもらうことはできたようだった。

初めてのバイトがこのバイトでホントに

良かったって今でも思う。



このバイトはボクにバイト魂を植え込んだだけでなく

様々なものをボクに与えてくれた。

気になる給料ですが・・・

15万でした。

高いですね。果てしなく高い。

詳しくは覚えてないんですが

時給が800円は超えてたはず。

あっ参考までにコンビニ時給の相場が630円とかです。

マックは630円スタート。

そんなこの地で高校生で時給800超は高い。

そして、土日以外毎日朝から晩まで働けばこれくらいになるか。

お金以外ではたくましい肉体も手に入った。

かなり鍛えられたね。

そんなこのバイトですが

一つ大きな代償も負わされた。

コーラ恐怖症

まあ、簡単に言えばそれから数年炭酸系が極端に苦手に

なってしまったのだ。今は大丈夫だけどね。

缶の自販機以外に

紙コップ式の自販機も手伝わされたんだけど

ある日故障のクレームが来て

現場に行ってみたところ

炭酸系がの味が可笑しいとの事だった。

そのため直しては味を確かめの作業を行った。

試飲係は勿論俺。

これはどうだ??もうちょい強めですね。

これは??シロップが弱いですねー。

こんな事を繰り返しコーラを飲むわ飲むわ

で、こっからダメになりましたね。えぇ。



とまあ、長々と書いてきましたが

初めてのバイトという事で

様々な事を学びお金もいっぱい手に入ったと。

ポータブルMD以外残りませんでしたがww




バイト列伝の初回はこんな感じです。

ちょっと長すぎたなっていうのは

あるけど自分で書いてて楽しいし

継続します。

もし、何かコカコーラバイトについて

質問等ありましたら書いてみてください。

7年前の記憶を振り絞ってみますからww





ランキングです。仕事用語に戸惑った経験がある人もない人もワンクリック!!
posted by ヒズ at 01:46| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | バイト列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

バイト列伝

新しいカテゴリを追加しました。

以前話していたバイトに関するカテゴリです。

ボクはこの世代ではトップクラスのバイト歴が

あると思います。

高校1年夏に始めたコカコーラの自販機巡りから

現在のセルフのガソスタまで思い返せば色んなバイトを

やってきました。その自分のバイト歴を

振り返りつつ、裏話なんかも書いていこうかな

と思っています。





ランキングです。押すと身長が2センチ伸びます。
posted by ヒズ at 15:06| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイト列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。