2005年09月20日

方言マスターへの道〜其の7ダベ〜

 

(腹)くっつい






<解説>

これはなんとなくわかると思うんですが

「お腹がいっぱい」という事です。

腹が「きつい」という表現のこの「きつい」

というのが「くっつい」に変化したんじゃないかなあって思います。

これは宮城特に南の方の人が好んで使います。

ある人はこの言葉を標準語だと思っていた方もいる位ですから。



<実例>

ヒズ君(大食い人):「よーし、次何食べようかー??」

佐藤君(一般人):「もう俺は無理っす。もう腹くっついっす。」





ランキング!!

今「腹くっつい」状態の人は迷わず

ワンクリック!!ドシドシクリック!!/A>

2005年08月29日

方言マスターへの道〜其の6ダベ〜

今回はちょっと雰囲気を変えてみようかと思う。

いつもは地方独特の言葉を紹介してますが

今回は地方独特のとある行動を紹介してみます。

ボクはこれを知った時中々にびっくりしましたが

みなさんはどうでしょう。

では早速。



暴風警報ってあるじゃないですか??

東北人はあれ出ても学校に行く当然ですよね??

知ってました??他の地域は休みになるんですよ。



はい。そうなんですよ。

どこからどこまでが暴風警報無視地域なのか

どこからどこまでが暴風警報信頼地域なのか

よくはわかりませんが、

おそらく無視地域は東北・北海道だけらしいですよ。

確認の意味もこめて今日バイト先の三重出身の方に

お尋ねしたところ。

えっ??休みに決まってんじゃん。

とさわやかに返されました。

東北は常に風が強いからなのでしょうか??

強風警報が出やすい地域なのでしょうか??

もしくは巨体ナンバーワン(宮城)だからか??

理由はよくわかりませんが何だか損した気分です。



※昨年度、宮城の女子高生の平均体重が全国1位でした。

 ちなみに男子も5位とかだったはずです。





 
へぇーボタン←ランキングです。
posted by ヒズ at 02:33| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 方言マスターへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

方言マスターへの道〜其の5ダベ〜




いきなり






<解説>

では、やりますか。

今日のお題はいきなりです。

いきなりって標準語じゃないの??って思う方も

多いと思いますが、おそらく標準語でしょうね。

今GOOの辞書で調べたら、



(1)何の前ぶれもなく、突然。ゆきなり。
「―泣き出す」「―聞かれても答えられない」
(2)きちんとした過程を経ずに。直接。じかに。
「―清書する」



と出てきた。

そうですね。いきなりとはそういう意味で用いれば

標準語ですよね。しかしです。

しかしですよ、宮城県民は

すごいという意味で使う場合があります。

今回の方言の使用範囲はちょっとわかりませんが

宮城県民なら誰もがすごいという意味での

いきなりを知っていると思います。



<実例>

高橋君:「あいついきなり早くねー」(あいつすごい早いね。)

佐藤君:「いきなりはえーな」(すごい早いね)




<番外編>

ちょっとブログ紹介。

方言つながりで知り合い、リンクを

貼っていただいてる

web6066さんの

大学生日記2005を紹介します。

こちらのブログでは方言クイズと題し

愛知の方言を取り扱ってるみたいです。

たまには東北以外の方言を見たいなと思ったら

遊びにいってみてください。




へぇーボタン(ランキングです。)
posted by ヒズ at 22:03| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 方言マスターへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

方言マスターへの道〜其の5ダベ〜


だから





<解説>

さて、やりますか。

今回は非常に説明しずらい方言ですね。

この方言を知らない人には

だから何だよって言われる方言です。

おそらく宮城県民はみんな知ってるんじゃないでしょうか。

意味としてはそうだよねぇとかになるのかな。

んだから。とも言います。

これは実例を見て貰った方が早いですね。



<実例>

高橋君:「まじで田中の奴むかつくんだけど」

佐藤君:「だから・・・」


※だから=そうだなあ。同意する時に用いる。






ランキングです。意味がよくわからなかった人もわかった人もワンクリック!!
posted by ヒズ at 21:42| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 方言マスターへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

方言マスターへの道〜其の4ダベ〜


  



(ごみを)投げる








<解説>

はい。この方言マスターへの道も今回で4回目ですね。

今回は一見したら方言だと思わないかもしれません。

ごみを投げる。はい、ごみを投げるです。

これはどの辺まで通じるかちょっと

わからないんですが、宮城ではかなりメジャーです。

普通に使いすぎて、方言だとわからない位です。

でね、宮城以外では知らない人も結構いると思います。

わからない人にとっては、

なに??宮城の人はごみ投げるの??

そんな事したらごみが散らばっちゃうじゃないのって

思うかもしれません。

普通の投げるだと、そういう意味になりますが

この場合捨てるという意味になります。




<実例>

高橋君:「ゴミ投げといて。」

佐藤君:(ゴミを捨てる。)



<実例2>

高橋君:「ゴミ投げといて。」

佐藤君:「えっ良いんですか??」

高橋君:「良いから早く投げてきて。」

佐藤君:(ホントに投げる)

高橋君:「馬鹿かお前??ホントに投げる奴がいるか。」

佐藤君:「??すっすいません」



※ゴミ投げといてと言われてホントに投げたら

 普通に怒られます。気をつけてね。




ランキングです。投げるを投げるだと思った人も思わなかった人もワンクリック!!
posted by ヒズ at 21:03| 宮城 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 方言マスターへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

方言マスターへの道〜其の3ダベ〜





      にゃー









<解説>

こう書いてみるといささか馬鹿っぽいですね。

でもリアルに使います。

おそらく宮城の南の方限定だと思います。

語尾にくっつけてつかいます。

意味は「〜なあ」とか「〜ねぇ」になるのかな。


<実例>

高橋君:「それにしても暑いねぇ」

佐藤君:「んだにゃー」


※んだにゃー=そうだねぇ。





ちょっと可愛い方言だなって思った方はワンクリック

変わらず107位

posted by ヒズ at 23:13| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 方言マスターへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

方言マスターへの道〜其の2ダベ〜

     「け」







     「くぅ」





<解説>

記念すべき第一回はおそらく日本一短い会話

であろう。「け」、「くぅ」のご紹介。

「け」とは食べて良いよって事。

「くぅ」は食べるの意味。

実例としては


おばあちゃん「味噌汁け」(味噌汁食べて良いよ)

まご「くぅ」(食べる)


って感じですかね。

おそらく、北の人間には通じると思います。

寒いから喋るのが億劫なのがわかりますが

短縮しすぎだろってちょっと思ったりもします。






日本一短い会話。使って見たくなった方はワンクリック

勿論変わらず115位
posted by ヒズ at 01:45| 宮城 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 方言マスターへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

方言マスターへの道〜其の1ダベ〜

さて、新企画の登場です。

今回は



方言マスターへの道



と題しまして、様々なマイナー方言を取り上げ

色んな土地の方言を学んじゃおうっていう企画です。

きっかけは友人(某柴犬様)との方言話で盛り上がったってことです。

意識せずに方言って使ってるもんなんですよねぇ。

それと、それ何??何言った??

って感じのを取り上げていこうと。

併せて前やった電車ネタ(こちらを参照

なんかの地方独自の慣わし的なものも取り上げたいですね。

面白いのがあったら、コメントに残してもらえると

ありがたいです。





方言好きなそんなあなたはクリックお願いします

変わらず115位。
posted by ヒズ at 01:30| 宮城 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 方言マスターへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。