2006年01月23日

ホリエモン逮捕!!

たまにはウェブログらしく

速報時事問題を。




ホリエモン逮捕だー!!




うわー。

うわー。

さてさて、




どうなるライブドア




これは本格的に

ブログのライブドア派の人達は

移動を考えた方が良いんじゃないっすかね。

ほら、なんならシーサーに。

皆でシーサーにきたらいいと思うよ!!



ブログ界も本気で大きく変わるのだろうか。



ランキング


時間に余裕ができたらまた書きますか。
posted by ヒズ at 19:58| 宮城 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

攻勢自民守勢民主劇的勝利はやっぱり自民でさあ新体制の出来上がり!!

さて、皆さん結果をお知りの方も多々いると思いますが

一応復習してみましょう。



2005衆院選結果発表!!




与党:327議席  野党:153議席



自民党:296議席

民主党:113議席

公明党:31議席

共産党:9議席

社民党:7議席

国民党:4議席

日本党:1議席

諸派:1議席

無所属:18議席





とまあ、与党大勝利!!という結果になりました。

自民は296議席と大きく議席数を増やし、

代わりに民主の議席数が大きく減った。

共産、社民は前回の議席を保ったという意味で

健闘したといえるでしょう。

新党日本は前職3人中、2人落選という結果となり、

それとは対照的に国民新党は選挙前の議席数を

保つ形となり存在感を示した形になった。

諸派1議席は新党大地の鈴木宗男

彼が当選したことは今回の選挙戦の一つのサプライズだった。

気になる刺客VS郵政反対議員は33選挙区中

刺客:14議席  反対議員:15議席

民主:4議席


となった。女性刺客「マドンナ」の活躍は目覚しく、

全員が当選するという勢いをみせた。

注目のホリエモンは亀井さんに破れた。




今回の選挙をまとめると結果的に

与党が圧勝し、刺客作戦も功を奏した形となった。

逆に民主は当初からの指摘であった、

受け身体制が最後まで響き支持を得られなかった。

この結果を受け民主代表の岡田さんは辞任表明し、

これから民主は代表選びを行うが混迷することは

間違いなく、体制建て直しにはかなりの時間がかかりそうだ。

圧勝の自民であったが、小泉首相の劇的手法により

善・悪対決を実行することに成功し、

今回のドラスティックな選挙戦を演出した。

これで郵政法案が成立することは確実となった。

与党内ではすでに郵政後に目を向けているが、

いずれの課題も問題山積みでそれの対処に

頭を悩ませている。

もし、今後小泉政治が行き詰まりをみせたら

逆に国民の支持は一気に冷めてしまう。

今回の投票率は67,24%で前回の選挙戦より

大幅増になった。それだけ今回の選挙は国民が関心を深めた

選挙戦といえ、民意が大きく反映された選挙であった。

民意をよく理解した小泉さんだからこそ、今回の選挙結果と

なったが、逆にその民意の怖さも知っていると思う。

国民の支持を裏切らないよう国民の意見を包括した

政治を行って欲しいと強く願うばかりである。





ランキング!!


選挙結果に驚いた人も想定の範囲内だと思った人も

どしどしワンクリック!!

posted by ヒズ at 15:26| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

ヒズ先生によるタカシ君にもわかる政治講座

さて、日曜日は選挙です。

昨日投票ラブログランキングに参加したわけですし

更に昨日のGDで選挙について考えたわけだし

何かボクも若者の投票率を上げる役割を担ってみようかと思う。

なぜ選挙に行かないのか?

色々原因はありますが、

よくわからない!!が大きな原因の一つだと思います。

ということで今回、このブログでは

タカシ君にもわかる政治講座と題しまして

なるべくわかりやすく今回の選挙戦の争点を説明していきたいと思います。

あっちなみにタカシ君は先日書いた

新連載小説「亀裂の隙間(仮)

に出てくるちょっと(?)間抜けキャラです。

そんなタカシ君にもわかるように早速説明して行きましょうか。




今回の選挙やはり何と言っても

郵政改革が大きな争点でしょう。

郵政改革。名前は聞くけどなんのこっちゃよくわからない。

という方はかなり多いと思います。

説明しよう。

現在、郵政公社というのがあるのはご存知でしょうか?

その辺にある郵便局を運営している会社の事ですね。

ここでは、皆さんご利用になった方も多いと思いますが

郵便、郵便貯金、簡易保険という3つのサービスを行っております。

でね、この郵便公社超金持ってるんですよ。

やっぱ国が運営している機関ですから

みなさん信用して利用する人が多いんですよ。



今、その国が運営してる郵政公社を

国から引き離そうとしてるのが

話題の郵政民営化というやつですね。

何で民営化する必要があるの?

大きく分けて二つの理由があります。


1.郵政公社の金をもっと民間に回そう!!

2.国の運営力には限界がある!!民営化してもっと自由な運営を行おう!!


1について。

国が運営してると、郵政公社のお金は

他の国が運営してる機関に流れます。

流れるというという風に書いてますが

形としては投資です。

わかりやすく言えば増えない投資をしてるんですよ。

意味がわからないでしょ?

もっと具体的な例をあげると、

国債って知ってますか?簡単に言うと国に対し投資を行う事です。

郵政公社ではうちら国民から集めた資金を

用いて国債を買います。

もっとわかりやすく言うと

国民のお金をこっそり国の借金返済に回してるわけです。

あくまで資金運用として。

そういった無駄な投資を無くし

むしろその巨額な資金力を民間に自由に融資して

経済活性化を計ろうじゃないか!!ってのが民営化の考えです。

「官から民へ」これですね。



2について。

小泉さんは今回の選挙戦にてこういう風な事をよく言います。

「この候補者のパンフレットを輸送するのに

 郵便局に頼んだら120円。民間業者に頼めば80円だ!!」

これ、わかりやすいですよね。

例を出しましょう。

国が運営しているとある役場がありました。

その役場の隣にライバル登場。

民間会社が新しい手法を取り入れた役場を作ります。

毎日営業。夜遅くまで営業。とっても便利。

どちらが儲かりますか?

もちろん民間会社が経営する役場です。

国が運営してると何かと限界があるんです。

展開できる事業も限られますし。

そうすると民間会社に先手先手を打たれて

いずれは潰れちゃうんじゃないの?っていう不安があります。

これを解消するために民営化!!なんです。

民間に対抗するには民間になるしかない。

こういう事なんです。



逆に民営化反対!!って方も多くいますね。

彼らはなぜ民営化に反対してるのでしょうか。

これも大きくわけて二つの理由があります。



1.全国一律のサービスが崩れちゃうじゃないか!!

2.資金力がでかすぎる!!



1について。

今までは国の運営でしたから採算度外視で

全国のサービスを一律化する努力が続けられました。

町に一つは郵便局。これを当たり前に行ってきたのが

今までのやり方です。

しかし、民営化するとなると採算が取れない

過疎化した地域とかの郵便局は閉鎖する可能性が

あるんじゃないかという懸念があります。

つまり全国どこにでも郵便局。

国民一人一人平等な郵便局。

というものが崩れる可能性を持っているということです。

これはおかしいのでは?

と民営化反対の人は言ってるわけですね。



2について。

よく考えてください。

ほんとに金はあるんです。

どれくらいかって?

4大銀行(どれも大きな銀行)の資金合わせて

大体214兆円。

それに比べて郵政公社。

おおよそ339兆円

そんな馬鹿でかい資金力を持った会社が

民間化して一般の企業と競ったらどうなると思います?

その圧倒的な資金力に一般企業は蹴散らされるのではないでしょうか。

そういった懸念があり、反対してるんですね。





この郵政改革について各党の意見も様々。

民営化賛成:自民、公明。民主。

民営化反対:共産、社民、国民、日本。

と大きくわけるとこうなりますが

自民、公明はさっさと民営化しよう!!

民主はいずれは民営化が必要だが現時点では早すぎる。

共産、社民、国民、日本は

公社を維持しつつその上での改革を目指そう!!

って感じですね。




という事で、今回郵政について書いてみましたが

まだまだ書き足りない部分が多いです。

各党の意見ももっと細かいです。

特定郵便局長制度なんかについては全く触れずじまい

でした。それでも要所は説明できたかなと思います。

この記事を参考にして少しでも

選挙に対する考えを深めてもらえれば幸いです。

本来ならば郵政だけでなく年金、雇用、憲法についても

書かなければならないのですが

いかんせん時間がないので今日はこれで終わりにしたいと思います。

時間があれば他のものも後で書きます。




「タカシ君わかったかなー?」

「そんなにこのペンすごいのかぁ。グフグフ。」

「えっこのペン??」

「ほら、ここに。」

「・・・それ油性だよ。ゆ・せ・い。俺が言ったのは

 ゆ・う・せ・い改革!!」

「ゆ・せ・い ゆ・せ・い ゆ・せ・い改革!!グフフフ。」



皆さんがタカシ君状態じゃ無い事を激しく期待します。





ランキングです。郵政が少しでもわかった!!という方はワンクリック!!

併せて、選挙に行こうと思った方は

右上の投票宣言をクリックしていただけると嬉しいです。

投票ラブストーリー

チーム一票いっとく?からコメントをいただきました。

投票ラブログRANKING

に参加しませんか?というもので

簡単に言えばブログの力で若者の投票率を上げようキャンペーンってとこです。

減るもんじゃないし参加することを決意し右上に

投票箱を設置しました。

右上に設置した投票箱を皆様がクリックしていただくと

投票に貢献しましたよランキングにポイントが加算され

このブログの順位が上がるって寸法です。

ということで投票しに行くぞ!!って方は右上に設置した投票ラブログ

をクリックしてweb上で宣言してみるのも良いかと思う。



右が空白でなんだか不恰好な投票箱になっちゃいましたが

あと3日だしこのまま貼ってみようかと思う。

結構頑張って直そうと努力したしさ。

何より男が格好なんて気にしてたらいかんと。

まあ、大目にみてくださいな。



でまあ、このような企画に参加したのならば

その責任として、投票を喚起するような

記事も書かなきゃならないと思います。

ということで投票日前日にでも

余裕があればそれなりの記事をかくつもりです。

兎にも角にも投票行くぞ!!って方はクリックしてみてください。






ランキングです。この企画賛同したのならワンクリック!!
posted by ヒズ at 01:55| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

笑うに笑えない4コマなんて逆に珍しい

寝ようと思ったけどふと思い出したのでちょっとだけ。

以前から記事にしようと思ったんだけど

忘れてたんだよね。

まずはこれ読んでみて。

4コマ其の一

4コマ其の二

4コマ其の三

其の三のオチが良いかなっておい。

この記事のタイトルの意味わかったでしょ??

しかも、これ国民新党の正式ホームページに載ってるからね。

色んな意味で突っ込みどころ満載だけど

とりあえずは眠いので寝ます。




ランキングです。それはないだろーって思った方は迷わずワンクリック!!
posted by ヒズ at 01:31| 宮城 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

駒大苫小牧優勝!!

熱い熱い甲子園。

夏の大会。

第87回目の優勝者は・・・



南北海道代表駒大苫小牧高校



史上6校目57年振り二年連続優勝





試合は終盤までもつれる好ゲーム。

3対3同点で迎えた7回裏。

駒大苫小牧の攻撃。

2点の追加点。

これが決め手となりました。

最後は駒大苫小牧の田中選手が力のこもった力投。

最後の打者を空振り三振に仕留め

ゲームセット。

偉業達成となった。



京都外大西も終盤まで粘ったが

勢いに勝る駒大が優勝旗を手にした。



おめでとー駒大!!

良くやった!!






ランキングです。駒大苫小牧優勝!!高校野球好きはワンクリック!!
posted by ヒズ at 15:28| 宮城 ☀| Comment(6) | TrackBack(11) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

否決。解散。選挙。劇場。

選挙に行かねばなりません。

あの小泉君が解散なんてしたからです。

ここまでの道のりは皆様ご承知の通りだと思いますが

自分のためにも今一度振り返ってみますか。

まずは郵政法案ですね。

小泉君が一所懸命成立させようとしていた法案です。

衆議院では薄氷の勝利と言われるように

ギリギリで法案成立しました。

そして次は参議院。

ここで造反議員が増殖されて、

結果否決されてしまうわけですね。

小泉君は前もって否決されたら解散すると言っておいた手前

ホントに解散しました。

で、今度の選挙になると。こういう流れですね。



さて、どこからツッコミましょうか。

まあ、まずは造反組の輩からかな。

いやさあ、ホントにこの人たちやだ。

小泉君は4年前っていうか首相になる前から

ずーとずーと郵政民営化を言いつづけて

首相になる時もなった後からもずーと言いつづけてきたわけだろ。

で、今の造反組はそれをずっと表立って反対するわけでもなく

ずるずるとここまできてからやっぱり反対って。

そりゃあ筋が通りませんよ。

しかも今回反対した人は反対したけど

でもやっぱり自民党にいたいって人が多いんだと。

なんなのホントにどっちなんだと。

ボクは思いますよ。えぇ。

それならば腹を括っている小泉君の方が

全然支持できる。

何が何でも成立させようとする心意気は

とてもわかる。

そのための公認作戦、刺客作戦。

それを仕掛けるのもよくわかる。

負けたら退陣。わかりやすい。

造反組はホントに解散するなんて思ってなかっただろうし

ましてや公認なし、刺客なんて思っていなかっただろう。

小泉君の心意気と造反組との心意気の差が今出てるんだろうなあ。

それにしても小泉君のやり方は

痛烈で明快で面白い。

まさに小泉劇場という言い方が当てはまっている。

これからの展開も凄く期待させてくれる。


一つ気になるのは、民主党。

すげー影薄いのは気のせいかい??岡田さん。

選挙を面白くさせるためにも

今後もっと存在感を出して欲しいものです。







ランキングです。選挙に行こうとお考えの方はワンクリック!!
posted by ヒズ at 22:57| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

明徳辞退〜体育会系の論理〜

事件概要はこちら


昨日、強豪対決で紹介した明徳義塾高校。

辞退ですってよ辞退。

部員の不祥事が発覚したそうで。

喫煙といじめがあったそうです。

いやだねぇ。ホント。

てか、ぶっちゃけ喫煙いじめなんてどこの高校

でもあるんだろうなあ。

強豪高校は特にしごきという名目でいじめてるんだろうなあ。

ボクのある体育会系友人が前にいじめまがいのしごきを普通に

受けてたし、やったりもしたって言ってた。

殺されそうになった事もあるし殺しそうになったとも言っていた。

ある体育会系友人は3年生は雲の上の存在だと言っていた。

そう思い込ませるまで徹底的にしごくそうだ。

で、ボクがそいつらに先生なり親なりに

言えばいいじゃんって言ったところ、




それじゃあ負けになる。



と口を揃えて言っていた。

彼らはどんなにしごかれようとも

耐えて耐えて強くなるそうだ。

体育会系の暗黙の了解みたいなものらしい。

体育会系の論理とか。

嫌ならダメなら黙って出てけと。

そういうことらしい。

全くもって普通人には理解できない。

今回の明徳義塾のいじめを親に言った部員は

普通人にとっては当たり前の行動だが

体育会系の論理に従えば

お前何言ってるの??って話になる。

それが当たり前でそれを覚悟して入ってきたんだろと。

でも、やっぱり中学卒業したての1年生には

きつかったんでしょうね。

ホントにもったいない。

何のために練習してきたのか。

で、この後自粛活動をして改善しますとか言うんだろうけど

どうせまたしごきは始まるんだろうって思いますよ。

その流れは変わらないだろうと思う。

少しでもまともなしごきをしてくれる事を

願うばかりである。





ランキングです。体育会系を理解できる人もそうでない人もワンクリック
posted by ヒズ at 12:41| 宮城 🌁| Comment(6) | TrackBack(4) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

高校野球組み合わせ発表

まずはこのトーナメント表を見てください


凄いですね。最初っから強豪高校同士がぶつかってますね。

気になるとこをちょっとあげても


明徳VS日大三


大阪桐蔭VS春日部共栄



とかね。で、我らが宮城の東北高校は



東北VS別府青山


別府青山??よくわからなけど、なんか勝てそうな気が。

と、思いきや二回戦では

同じ東北の雄秋田商もしくはあの遊学館

どちらも敵にしたくない相手。

さらにはその後の三回戦では智弁和歌山
天理といった強豪があがってくるだろう。

ちなみに智弁の一回戦は青森山田

頑張れ青森山田。

いやー楽しみな高校野球になってきましたねぇ。




ランキングです。高校野球好きならクリックよろしく
posted by ヒズ at 18:00| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

若い人も頑張ってるねぇ

ワールドユースに出場している若きサッカー日本代表



決勝トーナメント出場決定



おめでとうございます。よかったよかった。

この代表のメンツはそのまま将来の代表最有力候補

といっていいでしょう。

できるだけ多くの国際試合に出場し

できるだけ多くの国際経験を積んで欲しい

それにしても、ハラハラさせられたなぁ

後半30分くらいから見始めたけど

その時点で1-0で日本が負けてましたからねぇ

40分くらいにオフサイドギリギリで前田君が決めてくれた

キーパーに弾かれるも、こぼれてゴールに突き刺さる

素晴らしいですねぇ

どんどん勝って未来につなげて欲しいですね







人気blogランキングへ
posted by ヒズ at 01:05| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

若貴騒動

なんなんでしょうね?あれは。

あっちが悪い、こっちが悪い。

なんなんでしょう。

どっちが悪いかって言われても

僕にはわかりませんが

取りあえず仲良くやって欲しいと願うばかりです

きっと国民の多数が思っているはずです

実の父が死んだ直後にあれはないだろう

若さんもここまで騒がれたからには

きちんと説明して欲しいものです。

なんにしろ僕は一相撲ファン

として、これ以上角界のイメージを

悪くしないで欲しい。

貴さんの相撲界を繁栄を願って云々の話はわかった

でも、言ってることとやってる事は違うよね?

貴さん。

真に角界の繁栄を願うならば

そんなぐだぐだやっておらんで

あの猛獣朝青龍を倒せる位の力を持った

強い力士を育てる事なのではないでしょうか?

これだけのマスコミが引き付く位

あなたの人気はあるんです。

それを上手く角界に反映させて欲しい

と僕は願うばかりです。

というよりも、実のところとりあえず



名古屋場所が楽しければ




全然良いんですけどね。早く始まんないかな名古屋場所。

ちなみに僕は若貴よりも魁皇

の方が断然好きですね。





人気blogランキングへ


posted by ヒズ at 00:32| 宮城 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。