2005年10月21日

とあるファーストフード〜其の一〜

このカテゴリを更新するのもやたら久しぶりな感じがします。

今回はとあるファーストフード編です。

とあるファーストフードとか言ってますが

ぶっちゃけマクドナルドです。

今回はそのマクドナルドでのバイト生活について書いていこう。


前回の記事を読んでもらえれば分かると思いますが

とあるホームセンターを辞めた二週間後には

マクドナルドでバイトを開始してます。

ホームセンターを辞めた後それでもやっぱり

バイトを続けたかったので近くで出来そうなところを探します。

探すと言ったってそりゃあ田舎ですから高校生を

雇っているところなんてほとんどありません。

結果家から通えるところで高校生を雇ってそうなところ

と言えばマクドナルドしかなく、

「人を雇ってるか雇ってないか」すらも全くわからないまま

”直談判”しに行きました。

この時のボクのスタイルは

”とりあえず行ってみる”

だったのでアポなんて取らずに話しをしに行きました。

ちなみにコカコーラもとあるホームセンターもそうでした。

実際行って話をしてみると取り敢えず面接はしてくれる

というような事を言ってくれて、後日面接となった。


その面接日までに同じ高校でそのマックで働いてる友達に

推してくれるよう裏工作をしてました。

結果その裏工作が実ったのか見事マックで働けるようになりました。


皆さんはマクドナルドについてどれくらい知ってますか??

当たり前ですがその頃のボクは何も分からなかったですね。

”ミミズ”は入ってないんだろうか・・・・

そんなレベルでした。


で、ちょっとここでマクドナルドの裏説明でもしますか。

まず”人”はどのように構成されているのか??

大きく分ければ社員とバイト。

それは他のバイトと一緒です。

そこから区分けされるのがマック流。

まずは社員ですが

ファーストとセカンドに分かれます。

ようは正社員か契約社員かってことです。

ちなみに客の前にはそうそう姿を現しません。

いや、店によってはがんがんでてくる人もいるのかな。

兎に角”スーツ”を着た人がいたらこの人

社員なんだなって思っていいです。

普通の店には社員が若干名しかいません。

その社員の下には多くのバイトがいます。


バイトには歴然とした階級があり

一つでも上に上がれるようにバイト達は毎日汗かいて働きます。

一番上はA−SW(スイング)と呼ばれる人で

限りなく社員に近いバイトで社員代理的存在の人です。

バイトのくせにこの位の人だけボーナスがもらえたりします。

といってもそれだけの人ですから店によっては

置いてない場合もあるのかなと思います。

そのA−SWの一つ下がSWです。

Aよりかは力が劣りますが基本的に

店の核となる人達で店舗運営の基盤となる人達です。

言うならば”バイト管理職”とでも言いましょうか。

現場の実権もこの人達が持っているといって良いでしょう。

このSW達は着てる服も他のバイトと違います。

なんかビシッ!!としてて立派そうなの着てて

帽子もキャップじゃないのを被っている人見たことありませんか??

あの人がこのSW族です。

一見社員??と勘違いする人も多いかと思いますが

あれもアルバイトです。社員はさっきも言ったように

スーツですし、そうそう現場にいることも少ないです。


そのSW族の下にいるのがスターとトレーナーです。

スターとトレーナーは全然違う働きをしますが

”格”という点では一緒だと思います。

スターは基本的にカウンター系が全てできて

かつ”お客様係”のエキスパートの人です。

この人もユニホームが違うので目立ちますね。

なんていうのあれ??ワンピースというかなんというか。

ピンクピンクしててリボンをキュっと締めてるやつ。

てか、最近はユニホーム増えた(?)から詳しくはわからないけど

他のユニホームとは全然違います。

カウンター職なので基本は女の子が多いですが

まれに男のスターもいたりします。

トレーナーは新人の教育係ですね。

実務作業を教えられるレベルで習得した人がなれます。

ユニホームは基本的に他のバイトと一緒です。


スターとトレーナーの下には

”クルー”というのがいて

出来具合によりA・B・C

で判断されます。

Aが一番良くてCがまだまだみたいなね。

普通このクルーが店の従業員の大半を占めます。

その下に更に新人ということでトレーニーというのがいます。


とまあ、ここまで書いてきましたが色んな役職があって

その階級はかなり絶対的なものがあり

それを利用してマックはバイトのモチベーションを

維持してるというわけですね。

SWとかになった人はやたら自信過剰になって

俺は凄いんだ!!とか思い込む人もしばしばで

現実世界では結果ただのバイトなのに変なエゴが

でたりします。マクドナルドはそういった

いわゆる”マック馬鹿”で成り立っていると言っていいでしょう。

ちなみにボクは二年間在住してAクルーどまりでした。



なんだか役職説明だけでかなりの分量になってしまいましたね。

ちょっとこのまま書いていくと大変なことになりそうなので

一度ここで切っておきます。

続きは後日。




ランキング!!

ビックマックは220円だけど

俺の笑顔は破格の0円

そしてクリックはプライスレス・・・・・・

そうれクリッククリック!!
posted by ヒズ at 17:01| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バイト列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶり!
っても、昨日ちょっと会ったけど〜
へぇ、そうなんだぁ
今度から店マックに入ったら、店員さんばっかり見ちゃいそう(^−^;)
そういや私はマニュアル化したバイトってやったことないなぁ。
そしてなぜか、孤独な労働が多い。
フロア一人とか・・・。
Posted by ベリィ at 2005年10月22日 02:40
>ベリィ

「孤独な労働が多い」ってww
でもそれがベリィっぽいっちゃぽいな。
淡々と黙々とやってるイメージがある。
マニュアル化ねぇ。実際俺の場合
マニュアルがあるようで無かったかなあ。
俺流で行きましょう!!的な。ある程度は守ってたけど。
その辺も其の二で書きますか。
Posted by ヒズ at 2005年10月22日 04:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8421714

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。