2005年09月27日

水曜どうでしょうはどうでしょう。

深夜1時に帰宅。

眠い目をこすりながら更新しているヒズです。

皆様いかがお過ごしでしょうか??


ほんとは今から

「アフェリエイトについて」

なんていうちょっと重めの記事を

書くはずだったんですが

実はあれなんです。あれなんですよ。

Seesaaが3時〜6時までメンテ入るんです。

メンテ終了の暁には

レスポンス向上、サービス向上(アダルトトラバの制御能力の向上など)

などなど利用者にとっては嬉しい限りの

品質向上になっております。

終息に近づいてるみたいだけどライブドアは

さっきまでかなり狂った状況だったし、

乗り換えるなら今がチャンス!!

みんなでSeesaaにしよう!!

とね。まあ、それは置いといて

結局、眠いしメンテ入るし風呂入りたいしメンテだしで

あんまり重い記事は書けないと判断。

さくさく書ける軽い記事を書こうと思う。

とはいっても実は長々と書きたいネタなんですが。



水曜どうでしょう



知ってますか??

大泉洋さんと鈴井さん(通称ミスター)が織り成す

奇跡の「旅番組」です。

日本世界問わず毎回奇跡が起こる旅番組です。

北海道のローカルテレビ局が制作し

北海道限定で放映されていたのは今は昔。

現在ではその人気がじわりじわり広がり

もはや全国区の人気番組といって良いでしょう。

6年に及ぶ本編自体は終了し今は特番という形で

新作は出してますが、ほとんどの都道府県で

「再放送」が行われています。

わが宮城県もどうでしょう好き(通称どうでしょう馬鹿)

が多々いる県で有名で、実は昨年のうちの大学祭に

大泉洋さんを呼んだほどです。

その時の来場者はほんとに半端なく

公式収容人数はわかりませんが5000人は

いってたんじゃないかと思います。

実のところボクは深夜に並んで

ほぼ最前列付近を確保したつわものだったりします。

まあ、そんな馬鹿を作る程面白い

水曜どうでしょうですが

その面白さは何か?

通称どうでしょう班と呼ばれる

大泉洋、ミスター、藤村(ディレクター)、嬉野(カメラ)

の4人が繰り広げる世界観でしょうね。

この4人の中で誰が一番喋ると思いますか??

実は藤村さんだったりします。

彼、ディレクターのくせにやたら喋る。

大泉さんもやたら喋り、やたらモノマネが上手く

やたらシュールで、やたら面白い。

ミスターもミスターで様々な奇跡を起こすし

嬉野さん(通称うれしー)は説明書がカメラの先生だし。

みたいな感じでおかしな4人組が面白さの秘訣なのです。

大泉さんは前のフジのドラマ救急病棟に出てたし

年末のフジの深夜ドラマの主役をやるしで

もはや全国区の役者さん。(元々役者さん。お笑い芸人じゃないんだよ)

ミスターは映画監督として

「銀のエンゼル」を発表して話題になったしで

こちらも本業で成功してます。

でも、この人達ホントに面白いんです。

最後のベトナムは笑けて、笑けて・・・

そして泣けます。ほんと泣けます。

それ位情が込められる

テレビ番組はそうそうないと思います。

宮城では水曜深夜に水曜どうでしょうクラシックが

放映されていますができる限りみるようにしてます。

この面白さをあなたにもわけてあげたい。

という事で、ここで紹介。



水曜どうでしょう無料番組



ここではあの「ユーコンシリーズ」が無料で見れます。

行けばわかると思いますが

第一夜、第二夜と書かれているところを

クリックするだけで見れます。

本当に面白いですよ。

これでファンになったらDVDを買うのもありかと。

あなたの知らない「笑い」がそこにはある。





ランキング!!

どうでしょう馬鹿は馬鹿を助けるのが務め!!迷わずワンクリック!!

無料放送見て面白い!!と感じた人も迷わずワンクリック!!
posted by ヒズ at 02:07| 宮城 ☁| Comment(7) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花も嵐も牛も乗り越えて…やってきました私です。お元気ですかムッシュ〜
「水どう」の記事をみて コメントせずにはいられなかった 
私も「水どう」スキですよ?特にジャングルリベンジで ハマりましたかね
去年の学祭…洋さん…行きたかったが バイトバイトバイトのせいで 涙を飲んだ記憶がよみがえります
このまえ 洋さんが「みなさんのおかげでした」に出ていて あの天下のとんねるずさんと絡んでいたのを見て 涙がちょちょぎれる思いでした
 
Posted by rakuda at 2005年09月27日 02:36
名前がちょっとお洒落にちょっと小粋になった
「rakuda」さんこんばんわー。
ボクはもうそれは元気だよマドモアゼル。

さっきそちらの大作ネタを読ませていただき、しかもコメント
つけて家に帰ったら奥様がコメントつけていらしたから
とてもびっくりしたわ。

それにしても洋さんも大きくなった。ほんと大きくなったよ。
あの初の全国区パパパパパフィーに出てきた頃とは大違いだね。
あの頃も良かったけど、今の洋さんも素敵。
冬の連ドラを期待して待ってるよ。
Posted by ヒズ at 2005年09月27日 02:49
大泉洋(*´д`*)ハァハァ

がっ、学祭に?!!
って、たしか友達が行きたがってましたよ(ノ´∀`*)
なんか予定がつまってていけなかったみたいでしたが。

うはぁ…今日は水曜日ー(ノ´∀`*)
お仕事ないから久々に見ようかなー(*´д`*)ハァハァ
Posted by はづき at 2005年09月28日 10:48
個人的には大泉さんの、
土井義晴(料理研究家)のモノマネが好きです。
最近CMで土井さんが出てて、声だけ聞いてると
「お・・・大泉さん!?」
とか思ってしまうほど。
Posted by ベリィ at 2005年09月28日 14:18
>はづき

結局今日も見れなかったORZ
ラブログの記事に没頭してたら
いつの間にかオセロの番組が・・・
でもほんと面白いよねー。
懲りずに来週見よ。



ベリィ

昨日は一瞬ですがどうもでした。

「土井義晴のモノマネ」

ちょくちょく出てくるけど俺もあれ好きだよ。
クラシックではもう登場したのかな?
Posted by ヒズ at 2005年09月29日 00:55
初めまして、コメントいただきましてありがとうございました!!北海道在住のshow16です。
大泉さんが全国のテレビに出ているのを見ると、今だにドキドキしたり、何だか参観日での母親みたいな気持ちで見ています。北海道にはきっと、そんな気持ちで全国での大泉さんを見ている人が多いと思いますよ。
そして私の旅企画も、記憶を巡らせながら更新していこうと思いますので、そちらもよろしくお願いします!
Posted by show16 at 2005年09月30日 17:13
>show16さん

はじめまして!!こちらこそTB感謝です。
そうですねぇ洋さんもホントに大きくなられて
びっくりですよねぇ。

旅企画更新頑張ってください!!
Posted by ヒズ at 2005年10月01日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「水曜どうでしょう」を道連れに その2
Excerpt: 北海道発ながら、もはや人気は全国級である「水曜どうでしょう」。この番組によって、無茶で無謀な旅好きの勢いを加速させた私が、実行してしまった旅の記録です。ちなみに前哨戦であるその1はこちらからどうぞ。
Weblog: 北の国から徒然日記
Tracked: 2005-09-30 12:12

「水曜どうでしょう」を道連れに その3
Excerpt: 地元北海道では深夜帯ににも関わらず、18%以上の視聴率をたたき出した伝説のお化け深夜番組「水曜どうでしょう」。その番組の企画で行なわれた「北海道212市町村カントリーサインの旅」(市町村名は当時。ちな..
Weblog: 北の国から徒然日記
Tracked: 2005-10-02 09:17

「水曜どうでしょう」を道連れに 特別編
Excerpt: どうでしょうをご覧になっている方には、どうでしょうの企画にリベンジものの企画が多いことにご存じでしょうか。視聴率18%を叩き出して、一気にどうでしょうの名を北海道内はもちろん、全国的にも名をとどろかせ..
Weblog: 北の国から徒然日記
Tracked: 2005-10-04 18:06

エンタメタイトル/水曜どうでしょう/「水曜どうでしょう」の研究
Excerpt: 水曜どうでしょう:画像検索結果 74 x 70 3.5kB[ Site ]284 x 400 18.2kB[ Site ]128 x 96 2.7kB[ Site ]230 x 256 9.3k..
Weblog: アイドル・俳優・タレント・歌手・有名人・流行の研究
Tracked: 2006-07-30 07:16

水曜どうでしょう/水曜どうでしょう
Excerpt: 水曜どうでしょうについて悩みを解決するには、まずは水曜どうでしょうについての正しい知識が必要です。そこで、水曜どうでしょうについての情報を集めました! 水曜どうでしょうについて調べて、水曜どうでし..
Weblog: なるほどキーワード
Tracked: 2007-08-19 00:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。