2005年09月24日

伝説の漢〜数美肇〜

昨日はこの一個前の記事

「ホワイトバンドをぶった切る。」

を書ききったところで就寝となりました。

このホワイトバンドの記事、

前に書いたこの記事同様に色々考えさせられる内容です。

是非とも読んで欲しいですね。

昨日本当はもう一個更新するはずだったんだけど、

眠くて眠くて限界でした。

昨日からうちの親が実家に墓参りに行っているので

我が家はボク一人だけです。

こんな時は女の子を誘ってあれやこれやと

したいところですが、いかんせん

こんな田舎に来る奇特な方はおらず

その前に誘う人もおらず。

ということでバイト終わって一人帰宅し

テレビをつけました。

そうなんです。昨日はK−1グランプリでしたね。

ボクはそこそこの格闘好きです。

一番は相撲ですが。

意気揚揚と画面を貪るようにみてました。

昨日は好カード目白押しで面白かったですね。

ただ、セフォー対ガオフライが編集だったのが非常に残念。

メインはチェ・ホンマン対ボブサップ。

ボブだって相当巨体ですが

チェ・ホンマンはまた更に一回り大きい。

結果はチェ・ホンマンの判定勝ち。

ボブは自分より大き過ぎる相手にかなり苦戦してました。

というかね、2人とも体力なさすぎ。

膠着状態が長すぎだよ。

チェ・ホンマンも強いとは思うけど

もっと上手い選手とぶつかったらあれじゃ負けるだろうなあ。

それにしても誰か救世主というか

ヒーローというか馬鹿みたいに強いやつ出てこないかなー。

できれば日本人で。

そんな事思ってたら記憶の片隅にいた、こんな人を思いだした。



極真の数美肇選手



この数美選手知ってますか??

まずは数美選手のホームページをチェック。

すげー強そうでしょ??

ボクはかなり前になんかのテレビを見て

知ったんですがこの人相当凄いんですよ。

軽く経歴をかいて見ると・・・



1986年極真会館入門。1992年第24回全日本大会に初出場で準優勝。

1993年第25回全日本大会で初優勝。第28回〜30回(1996〜1998)、

第34回(2002年)、全日本大会優勝。

第6回(1995年)・第7回(1999年)全世界大会準優勝、1999年百人組手達成。

2001年全世界ウェイト制重量級優勝。2003年数見道場設立。

2004年クンダリーニJP武術ヨーガ師範。



ほら凄い。

ちなみに第7回全世界大会の決勝の相手は

あのフィリオ。しかも試合結果はドローで

瓦割での差でフィリオの優勝となった。

こんな日本人がいたの知ってました??

何か本物の武士(もののふ)って感じです。

本物の日本の隠し玉といって言いかもしれません。

歳もまだ34歳。まだいけるはず。

是非とも出てきて欲しいですね。




ランキング!!

こんな日本人がいたとは・・・と思った方はワンクリック!!
posted by ヒズ at 15:36| 宮城 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさか数見さんがこのブログで取り上げられるとは・・・。

かっこいいっすよねー、俺は1999年の百人組手のVTRを見て一気にファンになったとですw
Posted by ブラさん at 2005年09月25日 07:05
かっこいいよねー。やったら強いし。
空手で武蔵とやったらどっちが強いんだろうね。
Posted by ヒズ at 2005年09月26日 09:52
はじめまして。東京で芦原カラテを修業しているものです。昨日、数見さんについてブログに書いたのでトラックバックさせていただきます。
Posted by go_sabaki at 2005年10月27日 10:51
>go_sabakiさん

はじめましてー。TBそしてコメントまでありがとうございました!!
そちらにも遊びに行きますねー。
Posted by ヒズ at 2005年10月27日 15:39
私は城南支部で空手をしてました。数見先輩は一言で侍ですね。あんなに静かなる闘士をもった人はいないんじゃないかな?現役には、戻らないとは思いますが、この先も武道家として頑張ってもらいたいものです。

実は八巻先輩が個人的に憧れてましたが…
Posted by Frank at 2005年11月28日 02:02
>Frankさん

はじめましてコメントありがとうございます!!
あの城南支部でやってたんですか??
それはすごいですねぇ。
八巻先輩って八巻建志さんですよね??
八巻さんもすごい人ですよね。
それにしても城南支部ってほんと強い人輩出してますよね。
伝統なんでしょうか。
数見さんも強い人ばんばん育てて頑張って欲しいです。
Posted by ヒズ at 2005年11月29日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

数見肇―もののふの血 サバキについて
Excerpt: 今日は本部道場での稽古の日。9時からの稽古に間に合った。芦原会館の技術体系は「サバキ」として有名だ。このサバキについて極真会館の不動の王者だった数見肇が自伝「もののふの血」(ベースボールマガジン..
Weblog: サラリーマン空手日記
Tracked: 2005-10-27 10:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。