2005年09月08日

ヒズ先生によるタカシ君にもわかる政治講座

さて、日曜日は選挙です。

昨日投票ラブログランキングに参加したわけですし

更に昨日のGDで選挙について考えたわけだし

何かボクも若者の投票率を上げる役割を担ってみようかと思う。

なぜ選挙に行かないのか?

色々原因はありますが、

よくわからない!!が大きな原因の一つだと思います。

ということで今回、このブログでは

タカシ君にもわかる政治講座と題しまして

なるべくわかりやすく今回の選挙戦の争点を説明していきたいと思います。

あっちなみにタカシ君は先日書いた

新連載小説「亀裂の隙間(仮)

に出てくるちょっと(?)間抜けキャラです。

そんなタカシ君にもわかるように早速説明して行きましょうか。




今回の選挙やはり何と言っても

郵政改革が大きな争点でしょう。

郵政改革。名前は聞くけどなんのこっちゃよくわからない。

という方はかなり多いと思います。

説明しよう。

現在、郵政公社というのがあるのはご存知でしょうか?

その辺にある郵便局を運営している会社の事ですね。

ここでは、皆さんご利用になった方も多いと思いますが

郵便、郵便貯金、簡易保険という3つのサービスを行っております。

でね、この郵便公社超金持ってるんですよ。

やっぱ国が運営している機関ですから

みなさん信用して利用する人が多いんですよ。



今、その国が運営してる郵政公社を

国から引き離そうとしてるのが

話題の郵政民営化というやつですね。

何で民営化する必要があるの?

大きく分けて二つの理由があります。


1.郵政公社の金をもっと民間に回そう!!

2.国の運営力には限界がある!!民営化してもっと自由な運営を行おう!!


1について。

国が運営してると、郵政公社のお金は

他の国が運営してる機関に流れます。

流れるというという風に書いてますが

形としては投資です。

わかりやすく言えば増えない投資をしてるんですよ。

意味がわからないでしょ?

もっと具体的な例をあげると、

国債って知ってますか?簡単に言うと国に対し投資を行う事です。

郵政公社ではうちら国民から集めた資金を

用いて国債を買います。

もっとわかりやすく言うと

国民のお金をこっそり国の借金返済に回してるわけです。

あくまで資金運用として。

そういった無駄な投資を無くし

むしろその巨額な資金力を民間に自由に融資して

経済活性化を計ろうじゃないか!!ってのが民営化の考えです。

「官から民へ」これですね。



2について。

小泉さんは今回の選挙戦にてこういう風な事をよく言います。

「この候補者のパンフレットを輸送するのに

 郵便局に頼んだら120円。民間業者に頼めば80円だ!!」

これ、わかりやすいですよね。

例を出しましょう。

国が運営しているとある役場がありました。

その役場の隣にライバル登場。

民間会社が新しい手法を取り入れた役場を作ります。

毎日営業。夜遅くまで営業。とっても便利。

どちらが儲かりますか?

もちろん民間会社が経営する役場です。

国が運営してると何かと限界があるんです。

展開できる事業も限られますし。

そうすると民間会社に先手先手を打たれて

いずれは潰れちゃうんじゃないの?っていう不安があります。

これを解消するために民営化!!なんです。

民間に対抗するには民間になるしかない。

こういう事なんです。



逆に民営化反対!!って方も多くいますね。

彼らはなぜ民営化に反対してるのでしょうか。

これも大きくわけて二つの理由があります。



1.全国一律のサービスが崩れちゃうじゃないか!!

2.資金力がでかすぎる!!



1について。

今までは国の運営でしたから採算度外視で

全国のサービスを一律化する努力が続けられました。

町に一つは郵便局。これを当たり前に行ってきたのが

今までのやり方です。

しかし、民営化するとなると採算が取れない

過疎化した地域とかの郵便局は閉鎖する可能性が

あるんじゃないかという懸念があります。

つまり全国どこにでも郵便局。

国民一人一人平等な郵便局。

というものが崩れる可能性を持っているということです。

これはおかしいのでは?

と民営化反対の人は言ってるわけですね。



2について。

よく考えてください。

ほんとに金はあるんです。

どれくらいかって?

4大銀行(どれも大きな銀行)の資金合わせて

大体214兆円。

それに比べて郵政公社。

おおよそ339兆円

そんな馬鹿でかい資金力を持った会社が

民間化して一般の企業と競ったらどうなると思います?

その圧倒的な資金力に一般企業は蹴散らされるのではないでしょうか。

そういった懸念があり、反対してるんですね。





この郵政改革について各党の意見も様々。

民営化賛成:自民、公明。民主。

民営化反対:共産、社民、国民、日本。

と大きくわけるとこうなりますが

自民、公明はさっさと民営化しよう!!

民主はいずれは民営化が必要だが現時点では早すぎる。

共産、社民、国民、日本は

公社を維持しつつその上での改革を目指そう!!

って感じですね。




という事で、今回郵政について書いてみましたが

まだまだ書き足りない部分が多いです。

各党の意見ももっと細かいです。

特定郵便局長制度なんかについては全く触れずじまい

でした。それでも要所は説明できたかなと思います。

この記事を参考にして少しでも

選挙に対する考えを深めてもらえれば幸いです。

本来ならば郵政だけでなく年金、雇用、憲法についても

書かなければならないのですが

いかんせん時間がないので今日はこれで終わりにしたいと思います。

時間があれば他のものも後で書きます。




「タカシ君わかったかなー?」

「そんなにこのペンすごいのかぁ。グフグフ。」

「えっこのペン??」

「ほら、ここに。」

「・・・それ油性だよ。ゆ・せ・い。俺が言ったのは

 ゆ・う・せ・い改革!!」

「ゆ・せ・い ゆ・せ・い ゆ・せ・い改革!!グフフフ。」



皆さんがタカシ君状態じゃ無い事を激しく期待します。





ランキングです。郵政が少しでもわかった!!という方はワンクリック!!

併せて、選挙に行こうと思った方は

右上の投票宣言をクリックしていただけると嬉しいです。
posted by ヒズ at 16:18| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど。
とってもわかりやすい!
鹿児島では、なにかと
「郵便局がなくなる!」
っていう報道ばかりが先行している感があり、
もう少し総合的に問われてもいいのに・・・
って思います(>_<)
地域的な事情なんですかね〜?
Posted by あい at 2005年09月08日 22:24
コメントありがとう。

そうなんですかぁ。
その郵便局がなくなるーってのも
すぐに無くなるはずはないですし
対応もするのでは?と個人的に思います。
Posted by ヒズ at 2005年09月09日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

総理、一言足りないのでは?
Excerpt: 郵政の是非を問うというなら、仮に自公連立が過半数を占めても、法案可決後はすぐに解散し、選挙をすると言わなければなりません。 郵政押し付け選挙で選ばれた者が議員を何年もやるのはおかしいのです。 郵政押し..
Weblog: ニュースの研究所
Tracked: 2005-09-08 22:43

衆議院総選挙2005
Excerpt: 選挙活動が始まったね。ロック好きな人は選挙好きの人が多いと思うから、今回も注目してる事だと思う。今回の選挙の争点を郵政民営化で訴えてる自民党。それを迎え撃ってるように見える民主党。それを見て思った事が..
Weblog: CROSSPEACE ??BLOG??
Tracked: 2005-09-10 23:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。