2005年08月31日

愛が地球を救うだと??それで救われたら苦労しないよ。

一昨日24時間テレビがやっていた。

さくらーふぶーきのーってね。

まずはお約束から。




愛で地球を救う前に




まずは俺を救ってくれ




どうも、こんばんわ。

真面目にしようとしてたカテゴリをいきなり無視

した形で入ってしまったヒズです。

みなさまいかがお過ごしでしょうか??

今回は真面目話第一弾です。

まずは杜美さんのそのひ帳で取り上げられていた



こちらの記事を読んでください

※多少刺激が強い部分もあるので心して読んでください。



とりあえず読んで貰わないと話にならないので

まずは読んでください。

読みました??

読みましたか??

じゃあ、読んだものとして話を続けます。

まずボクはこの現状を知っていました。

全部を全部知っていたわけではありませんが。

でも、知らない人も多いんだろうなあって思い

今回記事にすることを決意しました。

その記事がどれくらい正しい事を書いてあるのか

比べる術がボクにはありませんが

ある程度は事実だと思います。

これが現実。これが世界の一部分。

隣の国でさえほとんど理解していないのが現実なのです。

なぜこうなったのか??

なぜこうなってしまったのか??

なぜなんでしょう。

汚水を垂れ流した人がいるから?

環境なんて考えなかった人のせい?

国の整備の問題か?

なぜなんでしょう。

しいていうならのせいだろうね。

人がいなければこんな事にはならなかっただろう。

でね、先に言うけれどこれを解決する手段なんてない。

とボクは思う。あと数十年、数百年先の話になると

また別だが現時点ではこの状況を止めることは無理だろうね。

日本なんて国はほんとに恵まれている国だ。

食うものに困ることなんてまず無いし

雨風を防ぐ家だって立派に持っている。

そんな金持ちさんは世界ではむしろ稀で

大体はその日の飯をどうしようかって考えてる人ばかりだ。

そんな人は環境のことなんて考えてる余裕なんてないし

そもそも環境って何??って感じだろう。

そんな人に君のやってることは環境に悪いんだ。

すぐにでも止めなさい。

なんて言ったとしても止めることなどできないのだ。

あなただってそうだろう??

自分の命を絶やしてまで環境に配慮するわけがないだろ??

そんなわけがないのだ。

じゃあ、金をやるからやめなさい。

とでも言おうか。

そうしたら、多くの労働者は自分の行いを

やめるだろうね。金さえあればどうにかなるしね。

では、その金をどこから調達するの??

世界中の人を環境破壊から救う資金はどこにあるの??

ない。

そんな金なんてありもしない。

じゃあ、やっぱり働かなきゃ。

環境破壊続けなきゃ。

環境なんて知るか。金儲けの方が必要だ。

そうなることは当たり前ですよ。

じゃあ、やっぱり環境破壊は止められないのか??

はい。やっぱり止められません。


ちょっと記事の内容に戻りますか。

この記事をみてボクは中国産の食品に対し

意識せざるを得なくなったのは確か。

でも、どれが中国産の食品かわからないのも事実。

スーパーとかできちんと中国産の野菜です。

と書かれていれば話は別ですが

例えば何気なく食べてるファミレスのサラダはどこ産でしょうか??

さりげなく食べてる加工食品はどこ産の野菜を加工して作ってあるの??

はい。わかりませんね。

ボクのできることは目の前に

出てきた食品が国産だろうが中国産だろうが

そんなこと意識せずに食べることのみである。

それしかできないでしょう。

今のボクには。

付け加えるならば残さず食べる。

これもまたちょっとしたエコロジー。

そしてちょっとした偽善心。




愛が地球を救う。

24時間テレビ。


日本人って平和な人が一杯いるんだね。







とりとめもなく長々と書いてきましたが

一応ボクのあの記事に関する見解は書いたつもりです。

実のところまだまだ書きたい部分は多量にあるんですが

あまりにも長くなりすぎる気配があるので

今回はここで止めておきます。

あなたはどう思いますか?







ランキングです。今日の食卓の野菜は何産ですか??わからなかったら迷わずワンクリック。
posted by ヒズ at 00:43| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ちょっと難しい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

夕暮通信、野菜の連鎖
Excerpt: 先日はお世話になりました 遅くなりましたがトラバさせていただきます
Weblog: そのひ帳
Tracked: 2005-09-01 16:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。