2005年07月07日

これから教育実習をうける人に大いなる勇気を与える〜其の十四〜

さて今日は俺VS研究授業でした。

それといって特別な用意などはせず

基本的にいつもどおりやろうと心がけました

まあ、否応なしに気合は入りますけどね

で、授業開始。

順調な滑り出し。余裕があるため

参観に来た先生に誰がいるのか確認することができた

ふむふむ。おっあの先生がいるのか。

にしても、かなりの先生がいるなぁ。十数人はいるな(廊下の先生が確認できなかった)。

人が多い事は分かったけど、むしろテンションがあがる

のでなんら問題はないなとか思ってた。

で、その5分後位です。。。。

校長登場。

これはビビります。最初は誰だか分かりませんでした。

よーくみるとあっあっれは。校長じゃないですかぁ。

動揺。動揺。それまで意識してなかった視線も感じてきた

板書もミスるし、説明もミスる。

で、更に動揺。

どうにかせねばこのリズム。

こういう時こそ、パワー全開

得意の地声で勝負。とにかく声を出してクラス全体を俺ワールド

で包む。なおかつ自分自身を鼓舞する。

リズム復活。そっからはもう、かなり良い感じの

授業ができましたわ。よかったよかった。

反省会は明日だけど、板書が汚い以外は

反応も良かったです。とりあえず一安心。

あとはぐだらぐだらとやってましたね。

明日もやることは日誌書くくらいだ。

そういや飲み会あるんだった。

早めに帰ろー。寝たいからね。

明日で終わりなんだなあと思うとちょっと

気持ちが入ります。

なんだか、こんだけ毎日実習やってると

ホントに俺は大学生だったのか??と

疑問すら覚えます。

そんな実習も明日で終わり。

思いを残さず大団円で終わらせたい。




posted by ヒズ at 23:55| 宮城 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 伝説の教育実習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも僕です。君が座ったばかりに「パトラッシュ、僕もう眠いんだ・・」と言い残し、星になってしまった風呂用イスの殉職シーンを共に見た僕です。
昨日の件ですが、S高の科違いの英語実習チームの打ち上げだったようです。まぁヒズ君が来たら売り上げに大貢献なのですが、所詮二等歩兵たるバイトの時給は変わらんのでケッカオーライ。さすがにノーガードで君の食欲の地雷原は歩けんよ。明日起きれたら(ここ重要)会いましょう。ほんでまず!
Posted by 柴犬 at 2005年07月09日 01:35
とりあえずS高という表現は危ないのでやめてけれ(たのんます)

でね、科違いというかうちの高校の英語の先生の集まりで

昨日は飲んだんだって。直接英語の先生に聞いたよ。

てか、明日の1コマ・・・今4時。

死ぬな。おれ。
Posted by ヒズ at 2005年07月09日 04:03
すんまそ。それにしても見事に寝坊しやがったな。講義はいつになく大盛況。ま、オレが出たぐらいだからな。ひとまず実習お疲れさん!
Posted by 柴犬 at 2005年07月09日 14:01
安心して、5コマは出ますからww

Posted by ヒズ at 2005年07月09日 15:29
声の大きな先生はいいですね。
「ついていきます!」という感じになるし、それでいて生徒の表情にも気付いてくれるとなお最高。
高校の先生で、声は大きいし板書の文字は大きいし、でも誰か眠そうな顔してると、面白いこと言ってその子を笑わせたりしてました。
声が大きいと、聞く側は自信があるんだな〜と思うので実際はそうじゃなくてもうまく騙せる…ナイスですね。
ヒズさんはそんなに声が大きいのですか?
そしてよく通る?
面白そうな先生だなぁ。
Posted by マイキー at 2005年07月10日 17:58
そうですねぇ、120デシベル位は余裕で

出せると思いますよ。まあ、120デシベルがどれ位の

音量かがわからんですがww

声はでかいです。かなりでかいです。

で、よくハキハキしてるねって言われるから

聞こえやすいと思いますよ。
Posted by ヒズ at 2005年07月11日 14:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。