2005年06月18日

現代の女子高生が黄門様一向に会ったとしたら〜其の二〜

さて、第二回です。俺自身書くことは無いだろうと思っていた続編です。

前回、続くとしてしまった

以上続きを書かねば次に進めないと思い

この度ぐだぐだになろうとも書ききろうと思った所存でございます


えと、続編になるので初回を見てない方は

そちらを見てから見て頂けると幸いです。

初回版はカテゴリのリアリティー小説にあります。





で、一応復習

格=カッコいいキャラ

以上





みゆ:マジかよ。こいつら本物かよ。(さすがにひいてる)

あきこ:これはやばいよねぇ。とりあえず警察に行こうか??

みゆ:うっうん。てか意味がわからん。私たちには手に負えなさそうね。

黄門:さっきから何をコソコソ話しているんじゃ??

みゆ:ちょっと爺さん達警察まで連れてってあげるから

黄門:警察??なんじゃそれは??

みゆ:行きゃわかるって



そういうことで黄門一行と女子高生二人組みは警察署に向かう事となった

その間に、ここが江戸から数百年後の世界である事や

黄門様一行がテレビで放映されていること等々を説明

無論、テレビについての説明など彼らは理解に苦しむだけであったが

それでも、さすがは水戸黄門、自分たちの今置かれている状況を

なんとなくではあったが把握し始めた

そんなこんなで、警察署到着である



みゆ:すいませーん

警官:はーいなんですか??

みゆ:この人達の事で相談なんですけど。。。

警官:はあ。どうしたんですか??

みゆ:実はこの人達本物の黄門様一行なんですけど

警官:。。。。。。

みゆ:驚かれるのも無理はないかと


ここで諸事情を話す

しかし、願い叶わず追い出される


みゆ:さてどうしよっかねぇ

みゆ:。。。(ちょっとまて、こいつらをテレビ局に。。。)
   あきこ。この際テレビ局に行ってみようよ。

あきこ:えー見せ物みたいでかわいそうじゃん。

みゆ:ていっても、今はどうすることもできないんだしさあ

あきこ:うっうん。確かに今はどうすることもできないもんね



ということで今度はテレビ局に向かうことになった



みゆ:すいませーん

受付:なんでしょうか??

みゆ:なんかーディレクターとかやってる人に会えませんか??

受付:。。。(後ろの黄門一行を見る)
   ロケ関係ですよね??それでは担当を呼びますんで

ディレクター:呼び出したのは君達かい??なにか御用ですか??

みゆ:かくかくしかじかで。。。

ディレクター:ほぉ。で、警察にも追い出されたと。。。

みゆ:そうなんですよぉ

ディレクター:面白い。面白いねぇ。ていうか、ほんとに本物なの??
       狂った集団ではないのかい??

みゆ:うちらが見る分では本物かと。。。

ディレクター:よし、じゃあ調べてみようか。



ということで、歴史学者を呼んで対談させてみることにした



黄門:だから、その歴史認識はおかしいぞ。ここはこうで、こうなって
   それで、ここはこうなのじゃ。

歴史学者:なっなるほど。ではこれは??

黄門:これはまずまず合っておる。だが、あいつの子供は
   もっとあーで、こーで、あんな感じで



ディレクター:もしかして本物??

みゆ:みたいですね。。。

あきこ:どうするんですかぁ??

ディレクター:いや、これは大スクープだろ
       これは凄い凄いぞ。




後日、各マスコミで取り上げられ

黄門様一行フィーバーが始まる

黄門様一行は各マスコミに引っ張りだこ

黄門様の指導により、江戸時代の歴史研究が進み

黄門様一行出演の時代劇も作られた

このようにして、現代社会にうまく溶け込み

現代の方が楽しいと認識し始めた黄門一行

それは、みゆとまゆみという敏腕マネージャーが

成した技なのかもしれない














人気blogランキングへ









posted by ヒズ at 15:24| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | リアリティ小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとだ!みつけました!!
続きが気になって夢にまで由美かおるのうっふん入浴シーンがでてくるかもって思ったら
気が気じゃありませんでした。
Posted by らくだ at 2005年09月06日 02:56
…てゆうか 最初から「実はさ。」の記事にのってるじゃん続き、みたいな(笑)
すいませんそそっかしさは母親ゆずりです。
と、遺伝のせいにしてみる。
やっぱりわたしはぐだぐだです。
こんなわたしに 黄門さまはどんな裁きを申し渡すのでしょうか。
Posted by らくだ at 2005年09月06日 03:01
大丈夫。

大丈夫です。

らくださんの指摘後に
「実はさ」の記事に其の二を付け加えたのですから。
Posted by ヒズ at 2005年09月07日 00:33
嗚呼。良かった。
トビザルの風車が飛んでくるんじゃないかとどきどきして寝れずに朝になってました。
嗚呼。良かった。
Posted by らくだ at 2005年09月07日 06:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4441962

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。