2005年06月05日

ブリーチ1巻〜10巻

読みました。今大人気のブリーチ。遅ればせながら、10巻までですが読ませていただきました。
連載当初はジャンプで読んでたんですが、全然おもしろみも無く読むのを止めました。その頃のイメージが強いために何故今そんなに人気があるのかと思っておりました。
7巻辺りまではやっぱりそんなに面白いもんじゃねぇなあって思ってたんですが、朽木ルキアが連行された辺りからなんですね。ブリーチ本編ってのは。それまではある種のひっぱりだったわけですね??その辺から一気に加速しますよね。話の展開も一気に進むし、一護の強さも一気に加速する。ここまで来ると最初から本当にこれを狙って書いてたの久保さんって思う。まあ、方向転換をやや強引にしたんでしょうね。ジャンプ方式で。じゃなかったら、7巻までのキャラがほとんど無意味に感じられる気がする。まあ、面白いから良いんですけどね。で、本題ですが10巻までしか読んでないので、話に対するきちんとしたコメントは最新巻を読んでからにしますわ。
まあ、今言えるのは、キャラたてんのが巧い。それとナイスでパンチの効いたツッコミが巧いってことですかね。てことで続きはまた今度。
posted by ヒズ at 23:01| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブリーチ
Excerpt: ブリーチBLEACH(ブリーチ)は、週刊少年ジャンプに連載中の漫画髪の毛を脱色すること。漂白剤。花王が発売していた漂白剤の商品名Wikipediaより引用...
Weblog: マンガの知識館
Tracked: 2005-06-07 01:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。