2006年09月26日

VS蛙〜心臓悪い人は見るな〜

どうもこんばんわ。

頑張って更新に励んでおります。

ホルスタイン魂管理人ホルスタイン・ヒズです。


さて、久々にシリーズものでも書こうかと思い

立った訳ですが(というより長くなるから分けるだけ)

一つ注意点。



心臓弱い人は見るのよしなされ



とうちのおばあちゃんが言ってます。

もしくは今あなたの後ろに立ってるおばあちゃんが・・・

なんて言ってみたりしてね・・・

はい、そんな感じで

VS蛙編スタートです。















「うぉいっす!!

じゃあヒズ行くか!!!!!!」












そう。

悪夢は

部長の一言から始まった。


うちの部長は

坊主でごつごつした裸足のヤクザです。

そうヤクザですよ893。

見た目も893で性格も893。

それで、同じく坊主でごつごつして

メガネがなかったら完璧マフィアのボクを

えらく気に入ったとかそんな感じです。








「おーじゃあ行くかー」







金曜日。

夜の新宿は色めきたって

人がゴロゴロ

ザワザワ

ボクはドクドクORダラダラ。

心臓の鼓動は以上に早まるし

汗もいつも以上に大量放出だった。





「おーよく見るとヒズはでかいなー」






「そうっすね!!」














もはや気分はヤクザの舎弟
















そんな893部長と飲みに行く。

考えただけで震えがとまらない。



会社出る時に先輩から










「頑張れよ!!」











伏し目がちに言われたのが心に響く。



行き先はまだ知らされてない。


893部長と

その舎弟と

その舎弟の兄貴分の

ややインテリ寄り893の3人で

ズンズン突き進む。


人はこんなにいっぱいいるのに

道はこんなに狭いのに

ボク達の前は人がいない。

不思議な事にスッスッと人が避けていく。



ふと部長の足がとまり

方向が変わる。

ズンズンと狭い路地を進み

行き着いたのが





























居酒屋朝立ち































そこはマックス10人も座れない

カウンターしかない小さな居酒屋でした。



続く
















はい。

という事でね

今回はこの辺で

お別れです(主に疲れたから)。


さぁさぁこの後ホルスタイン・ヒズ君は

朝立ちで朝立ちしちゃうのか?

気になるところでまた明日ー(とか言っておきながら明日更新かは保証できません)。
posted by ヒズ at 23:31| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24481479

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。