2006年01月28日

鼻の金曜日。略して鼻筋。

なにやら細木なんたらさんの弟が捕まったらしいですね。

なんたらさんが捕まったのかと思い

一瞬ガッツポーズしちゃいました。

ホルスタイン・ヒズです。

こんばんわ。

皆様いかがお過ごしでしょうか??

タイトルはなんら関係ないっす。



さて、今日は金曜日。

金曜日の電車の終電って乗ったことありますか??

ある方はご存知かと思いますが



酒臭い



そりゃそうですよねぇ。

金曜の夜なんてあれですよ。

乗り物酔いなんだかほんとに酔ってるんだか

わかんなくなるくらいアルコール度数が高い仕様になってます。


そんな感じで酔った客が沢山いるわけです。

酔ってると言っても

やたら陽気になってる人や

やたらぐったりしてる人など様々です。


丁度ボクの前に座ってた人が

潰れた感じで

スーパーぐったり

グーグー寝てました。


とある駅にて

そのぐったりしてる方の前の方が

その方を起こそうとします。

それまで気づかなかったのですが

その方はそのぐったりしてた人のツレだったみたいです。

ちなみに

ぐったりさん=男

起こそうとした人=女

20代後半のおそらくカップルでしょうかねぇ。

もうめんどくさいので旦那さん、奥さんでいきます。


それで、最初はその奥さんが正攻法で

頭をトントンと叩いて起こそうとします。

旦那さん・・・



起きず。



微動だにせず。

何事も無かったが如くまた寝始めます。

はぁーとため息混じりの奥さんが

今度はホッペをプニプニして起こそうとします。

絵的には



コラコラ(ハート



とかそんな感じです。

ちなみにその時はまだ電車が停止まで

してなかったので余裕があります。

しかしながらそんな天国プレイ。

潜望鏡。

とかそんな感じですが

旦那またもや



起きず。



おいおい、それで俺も起こされてーよとか思いつつも

どうなるかじっくり観察。

そろそろ駅に到着、電車も停まるぞーってなってきました。

流石にそろそろ急がねばなりません。

奥さんももはや強引に

なんていうんですか



引っぱたいてます。



ペシペシと腹の部分を。

言わずもがなですが

絵的には




オラオラオラオラ(怒




とかそんな感じです。

ちょっぴり怖いです。

おい、おいおい

旦那いい加減起きろよーと心の中で叫ぶも






旦那起きず。





次なる手段は襟元をつかみ

まるでカツアゲをする不良の如く

ガツガツと起こします。

するとすると

流石に旦那も気づいたのか

目を覚まします。

奥さんが


「ほら、いきますよ!!」


と言っているにも関わらず

現実と夢とが交錯してるのでしょう。


「あーわかったわかった」


という顔だけしてまた寝ちゃいました。


他のお客は間もなく全員車外に出ちゃいそうです。

奥さん本気で焦ったのか

旦那さんの腕を強引に掴み

そのままドアの方まで引っ張ろうと頑張ります。

しかし、いまだ旦那は夢と現実のスクランブル交差点。

しがみついてその場から離れようとしません。

そう、奥さんが頑張って

引っ張ってるのに旦那さんは旦那さんで













隣に座ってたおばあちゃんに

しがみついていた。













なんでだろう。

なんでだろう。

なんでなんでだろう。


ランキング

そんなお方はぜひクリック。


あー超眠い。寝よ。さー寝よ。
posted by ヒズ at 02:15| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁ 特に変化があるわけでもなく
コメントです

駅で整理員やってたころ
折り返し電車で乗客を全員、降ろさないと
いけなかったのですが、酔っ払いがいると
最悪でしたねー。
うん お酒は飲んでも 飲まれちゃダメだ
Posted by ぜんまい人形 at 2006年01月28日 23:50
>ぜんまいさん

駅で整理員。
バイトですか??
東京だとそんな人もいるのかぁ。

性質悪い人は性質悪いですもんね。
前々から言ってることなんですが
若者の電車マナー云々は
さんざん言い散らしてますが
おっさんおばさんに対しては
何のお咎めもなしじゃないですか?
あれが許せなくて。
JRにいつか言ってやると常に思ってます。
Posted by ヒズ at 2006年01月29日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。